魅力的なクルマとはどういうクルマというとデザインとセンスが良くて、走りが楽しい事です。
これが魅力的なクルマ、すなわち幸福になれるクルマの条件ではないでしょうか。
ただ、つまらない国産車が多いのです。
特に小型車はほとんど壊滅状態ともいうべきものです。
ところが、ヨーロッパに目を向けると魅力的な小型車がそれこそ山のように存在するのです。
それはフィアット500だけではなく、例えば同じイタリアならアルファロメオのミトやランチア・イプシロン、フランスならシトローエンのDS3やC4、ドイツのフォルクスワーゲン・ゴルフ、BMWの1シリーズクーペなどです。
このうちゴルフはデザインとセンスが良いというほどではないのだがそれでもあのクオリティの高さはやはり魅力であす。
さらにこれらのクルマ以外にもアウディのA1やA3、メルセデス・ベンツのAクラス、ミニなどもあります。
結局のところ、日本のクルマのほとんどは未だに価格の安さで外国勢と勝負するしかないのです。
クルマの魅力よりもとにかく安く、そして安いわりにはよくできていますという感じで勝負をし挙句の果てには円高になるとクルマが売れないと大騒ぎをしています。
円高ではビクともしないほどの魅力を持つクルマを作ればいいと思いますが残念ながらそういう考えには至らないようです。
いかに品質を落とさずに安く作れるか。
安く作り利幅をどれだけ確保できるということしか日本の自動車メーカーはこれしか頭にないみたいです。
そんななか唯一の例外が富士重工である。
富士重工は安さよりもクルマの魅力で勝負しようとしています。
そしてそれは成功しつつあり、円高の中でも過去最高の生産台数を記録した。
富士重工は国内生産比率が高いメーカーだから、これはとても意義のある結果だと言えます。
今後富士重工に残された課題は、富士重工らしい独自の魅力的な小型車を作れるかどうかにあると思います。